パーソルホールディングス株式会社 様

パーソルホールディングスの予算策定

パーソルグループの月次業績管理業務をiFUSIONクラウドで効率化

パーソルグループは人材派遣のテンプスタッフ(現パーソルテンプスタッフ)を1973年に創業以来、多様化する労働市場のニーズに対応すべく雇用・労働に関するさまざまな領域に事業を拡大し、2008年には持ち株会社テンプホールディングス(現パーソルホールディングス)を設立。

以降、成長戦略の一環としてM&Aを強化し、設計・研究開発の日本テクシード(現パーソルR&D)、そして転職サービス「DODA」やアルバイト求人情報サービス「an」を運営するインテリジェンス(現パーソルキャリア)の株式を取得するなど、2017年3月時点、国内外で90社、490拠点にてサービスを提供しております。

左から、グループ経営企画部 佐藤様、本山様

導入の経緯

Excel業務の生産性に課題があり、Excelの配信、集計の効率化が必要

── iFUSIONクラウドの導入を検討していただいた経緯を教えてください ──

パーソルホールディングスの予算策定とパーソルグループの月次業績管理をExcelで運用していました。 現状の運用は、Excelのフォーマットを各部門や子会社に配付、収集から集計までの作業において経営企画の社員工数が掛かかり生産性が悪いという状況でした。

Excelフォーマットの配付から集計までの工程をなんらかの形で改善できれば、スピーディに情報を集約することができ、 本来の仕事である数値分析や考える時間が作れると想定していました。本格的な管理会計システムを導入するには時間がかかるため、 「即効性」「短期的」に効果が得られるシステムを検討していました。

選択の理由

スピードと費用対効果が重要なポイント

── iFUSIONクラウドに決めていただいた理由はなんでしょうか ──

主に「短期的に導入できる」「費用対効果が見込める」という2点で比較検討し、iFUSIONクラウドが他社製品・サービスより、当社に適合していると判断したからです。 具体的には、以下のような点から「短期的に導入できる」と判断しました。

  1. iFUSIONはクラウドサービスがあり、オンプレミス製品とは異なり、利用開始まで時間がかからない点
  2. M&Aが多い当社においては多少時間がかかるネットワーク統合を待たずに、インターネットがつながっていれば利用できる点
  3. 将来、本格的な管理会計システムを入れるとなった場合に、すぐに利用を中止できる点
  4. エクセルベースのため設定がしやすく、かつ、現場へのレクチャーがなくても利用できる点

加えて、「費用対効果が見込める」という点においても、削減できる工数と、iFUSIONクラウドの利用料金を比較し、IT投資として効果がでると判断しました。

導入の効果

Excel作業しなくてよい日の確保、集計までの「速さ」

── iFUSIONクラウド導入後、効果はいかがでしょうか ──

最も効果を実感しているのは、予算ファイルの集計から資料作成の業務です。 これまで各社からエクセルを回収し、まずはファイルが壊れていないか、バージョン違いのファイルを送っていないかを確認した後に集計していたため、 1~2日かかっていた作業がわずか数時間で終わるようになりました。
より具体的には、集計は一瞬で終わり、そこから多少エクセルで加工したり、PPTに張り付けたりする等の作業を1、2時間程度で行うだけで、 経営陣への報告資料を作成できるようになりました。 月次業績管理業務も、今までチェック含めて1日かかっていた作業が、数時間へと短縮しました。

苦労した点

導入支援に工数をかけるべきでした

── iFUSIONクラウド導入時に苦労した点をお聞かせください ──

当初は基本レクチャーを受講し、要件確認や設計などは全て当社で行う予定でした。 しかし、実際の作業フェーズに入り、iFUSIONクラウドのDBに取込むデータ、そうでないもの、アウトプットで使用するデータなのかを予め決定する必要があり、 最初の設計を当社だけで行うのは思ったより大変でした。さらに、後になって必要なデータを追加する場合等の基本レクチャーの内容だけではカバーしきれないケースが発生し、 問合せや支援を依頼するなど、導入時のコストを意識しすぎて、オンサイトのフォロー工数を削減したおかげで、後々になって大変・・ということに。 要件定義からフォローを依頼しておけば、もう少しスムーズな導入ができたのではと思っています。

設定よりもコミュニケーションで苦労

── その他の部分ではどうでしょうか ──

インフラ面ではiFUSIONクラウドのツールのインストールや設定時によりスムーズにクラウドに接続できる会社、できない会社が発生し、各社のシステム部門との調整に苦労しました。 例えば、原因が社内ネットワーク(複数存在)環境によるものなのか、別の原因か、複数存在するネットワークごとの問題なのかの切り分け等に時間がかかりました。

今後の展開

データ収集の一元管理

── 今後の展開をお教えください ──

パーソルグループ内の各事業会社での利用を検討しており、すでに現在、DODAやan等のサービスを提供しているパーソルキャリアでも導入を進めています。 10年前にあるコンサルティングファームがアクセス2003で作成し原因不明のエラーが多発していた業績管理システムを廃止し、 iFUSIONにリプレイスするプロジェクトを発足しました。

パーソルホールディングス導入ご担当者様の声

iFUSIONクラウドは自由度が高いですね。用途が固定のシステムより、当社の場合は自由度の高いシステムが業務に当てはまりました。 インプレスのイレギュラー対応や問い合わせの対応も速く、iFUSIONクラウドを選択して正解でした。今後は利用方法や活用方法の幅広い展開を期待しています。

インプレス導入担当者の声

ソリューションサービス事業部 中田 雄介

パーソルホールディングス様のiFUSIONクラウド導入支援業務を担当しました。 通常の導入支援ではインプレスでフォーマットを作成し、納品するケースが多いですが、今回のプロジェクトはスピード感が重要。 先方に常駐し、コンサルティングと設計を行い、その場で確認、調整、メリットデメリットの提案、作業までをスピーディに対応するよう努めました。 お客様と密なコミュニケーションを取りつつ、よい連携でプロジェクトを遂行することができました。まだ同社で別プロジェクトがありますので、引き続きよろしくお願いいたします。

企業情報

企業名 パーソルホールディングス株式会社
URL http://www.persol-group.co.jp/
本社 〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-1-1
設立 2008年(平成20年)10月1日
資本金 17,465百万円(2017年3月31日現在)
従業員(連結) 32,654名(2017年3月31日現在)
事業内容 労働者派遣事業・有料職業紹介事業等の事業を行うグループ会社の経営計画・管理並びにそれに付帯する業務
※2017年7月現在

今回導入いただいたサービス

Excel運用サポートシステム「iFUSION」

Excel運用サポートシステム

煩雑なExcel作業を改善し、業務の効率化を促進します。

もっと詳しく

資料のご請求、お問い合わせはこちらから

l>